「建築板金」という言葉はあまり聞きなれないと思いますが、
「屋根工事」「外壁工事」「雨どいの取付」など
実は住宅を建てる時には必ず必要な作業を担っています。
また、近年は一般のお家のリフォームでも
耐震性・耐久性、デザイン性・コストパフォーマンスの高い
金属屋根
の人気により需要も高まってきてますが、
高い技術力を要する専門性の高いリフォームでもあります。
「屋根の板金修理」「壁の板金修理」「雨どいの修理」など
あなたのお家のお悩みを丁寧に診断し、
金属製商品による、より長く大切なお家を持続させる修繕を
自社製作・修繕での低コストでご提案できる専門の会社なのです。
経験と技術で「最小限の修理で最大限の効果」をモットーに
あなたの大切なお家を守るホームドクターでありたいと願います。

屋根の痛みがきになる••••••

屋根板金修理

ガルバリウム鋼板屋根にリフォーム。高い技術のいる板金工が施工する屋根材です。ガルバリウム鋼板屋根にリフォーム。 高い技術のいる板金工が施工する屋根材です。

日本では瓦屋根が最も多く、新築ではコロニアルという素材が最も多く使われていますが、 10数年でメンテナンスが必要となります。

リフォームでは、軽い上に、地震の影響が少なく、耐久性・施工性がよい、 なによりデザインが豊富なガルバリウム鋼板の屋根を選ばれる方が今の主流です。

瓦屋根の谷(雨を流すところ)の腐れ・穴あきによる雨漏りは、 下地の木材を綺麗に取り外し、ガルバリウム鋼板に入れ替えます。

真ん中の谷になっているところが雨を流します。 そこが、酸性雨の影響なのか穴があいてしまい、雨漏りを起こす原因となっています。

ガルバリウム鋼板またはステンレス板に入れ替えます。加工性に優れ、 耐久性にも優れていると言われています。

建物の屋根の修繕を幕板板金カバー工事で部分修繕することができます。専門業者ならではのきめ細かいご対応が可能です。

建物の屋根側面のヘコミ。このままにしておくと雨風で痛みがどんどん広がり、 気がついた時は大掛かりな修繕が必要となります。

修繕個所を丁寧に診断し、幕板板金カバー工事の部分修繕。 全て当社で必要最小限の耐久性の高い板金修繕で、安心工事をいたします。

強風や住宅火災の延焼を防止する役割を担っている木材による破風板の取り替え工事。 金属製による破風板でさらに強度アップします。

これまでの住宅のほとんが「木材による破風板」でした。主な材質は杉になります。 耐久性と耐火性が良くないため近年は木材は限られてきました。

ガルバリウム鋼板による破風板板金工事で新築のような状態に。 足場工事が必要になるため、屋根のリフォームにあわせて修理をするのもおすすめです。

壁のヒビが気になる••••••

外壁板金修理

強風や住宅火災の延焼を防止する役割を担っている木材による破風板の取り替え工事。 金属製による破風板でさらに強度アップします。

劣化が激しい外壁はトタン張り。穴があいてしまうと、 雨が降るたびに建物の中に雨水が浸入して柱などの構造材が劣化してしまいます。

ガルバリウムは板金の中で錆びにくくなおかつ軽い優秀な材料ですので 古い建物などリフォームで張っても余計な重さを建物に与えずに強度もしっかりします。

雨どいが壊れた••••••

雨どい修理

雨どいに枯葉や泥、苔などを掃除せずに放置しておくと、 雨水がたまり、悪臭や雨漏りを引き起こし大掛かりな修繕が必要になります。

枯葉や泥などを掃除せずに放置しておくと、雨どいが変形して大変な被害を引き起こす原因にもなりかねません。 早めの対策が必要です。

落ち葉よけを雨どいに設置することで落ち葉が侵入することを防ぎます。 特に、簡単に掃除できない雨どいには、効果的ですので、お勧めします!

雨どいに枯葉や泥、苔などを掃除せずに放置しておくと、 雨水がたまり、悪臭や雨漏りを引き起こし大掛かりな修繕が必要になります。

雨水を伝わせて流す縦樋として使う鎖樋は雨水をそのまま地面に流すためのものですが、 破損すると建物自体が雨水の濡れでダメージや劣化の原因となります。

屋根に降った雨水を、外壁や土台を濡らすことなくスムーズに排水するパイプ式にリフォームし、 すっきりした玄関先になりました。

カーポートに穴が••••••

お住まいの部分修理

佐藤建築板金では、さまざまなお住まいの修繕やリフォームのご相談も承っております。 お気軽にご相談ください。

台風などでとばされてしまったり穴があいてしまった カーポートの屋根板を張替え修理も承ります。

カーポートの屋根の破損です。 そのままにしていると大切な愛車への被害の原因にもなります。

カーポートの修理・補修は、部分的なもの可能です。 工期も1日でご対応できるものが殆どです。

排水管にヒビ割れが起こっていたり、] 破損している場合の修理もご相談に乗れる場合がございます。

現状では水漏れを起こしていなくても、 水漏れをする可能性が非常に高いので、早急な対処が必要です。

水回りの工事はいい加減だとかえってひどくなる場合も。 プロにお任せください。

大分市で屋根修理・雨漏り修理・桶工事なら佐藤建築板金へ